banner

廃車前に輸出

廃車する前に買取してもらい輸出する

自分の長年愛用してきた車が古くなったり、事故車となった時にはもう廃車するしかないという苦渋の決断を迫られることがあります。
しかし、その結論を下す前にいくつかのことを考えておく必要があります。
それはまず、廃車を行うためには多くの費用がかかるということです。
まず解体費用や、登録抹消手続きのための費用として1~2万円ぐらいの支出となりますし、平成17年度から導入されたリサイクル法によって廃車時にはリサイクル料金を支払わなくてはなりません。
その料金はその車の車種などによっても異なりますが、普通車であれば2万円程、軽自動車であれば、7,8千円ぐらいの料金となります。
もちろん車検の時にこのリサイクル料金を支払っている人は、車を捨てる時に支払う必要は生じません。
このように、まず費用がかかることを踏まえる必要があります。
さらに、明記しておきたい事柄は、廃車にするような古い車や、事故車のように動かない自動車であったとしても、見る人が見れば、価値のあるものとみなすということです。
とりわけ、自動車の買取専門業者は自動車1台1台の価値をしっかりと見極めて、それを販売するノウハウや査定能力を持っています。そうした業者は日本では販売できないような自動車であったとしても、様々な販売ルートを持ち、その状況に応じて買取し、販売することができます。その販売ルートの中でも、輸出によって海外へ販売するというルートはとりわけ重要な販路となっています。
例えば日本の自動車は、海外においては非常に高い評価を得ています。それは壊れにくく、性能が良く、長持ちするという評判です。ですから、日本の一般的な概念では手放すような自動車であったとしても、海外の特に発展途上にある国々の方々は、廃車寸前のような車であったとしても、修理して日本車に乗ることに意義を見出しています。
また、修理しても走行不能になってしまっている自動車に関しても、自動車にはたくさんの部品があり、そうした部品の中にはまだ十分に使用可能で、価値のあるものはたくさん存在していますので、その部品の価値を見出し、自動車買取専門業者は輸出したり、また国内においても需要のある企業に販売することができます。
ですから、自分の自動車を廃車にするとすぐに結論する前にまず行うべき事柄は、中古自動車の買取専門業者に相談することです。その点では、インターネットの一括査定を活用するなら、全国の優良業者の中からより高値で買取をしてくれる業者を見つけることができ、自分の愛車を大切に取引することができます。

Copyright(c)2014 廃車寸前の車も見る人によって価値が変わる All Rights Reserved.